セレクトショップ BE-PAL野外道具店

プロフィール

本田 亮(隊長)
(ほんだ・りょう)
本田 亮(隊長)

元・電通エグゼクティブクリエーティブディレクター専任局長

CMプランナーとしてピッカピカの1年生からAC広告こだまでしょうか?まで数多くのCMをクリ エーティブディレクション。

日本で一番過激でヘタなカヌーチーム転覆隊の隊長として、世界中の川を下りその体験記をBEPALなどで掲載してきた。

2011年に独立した後も、人の3倍働いて人の3倍遊ぶという究極の人生術を伝えながら日本中のサラリーマンを元気づけている。

転覆隊隊長

カテゴリ

バックナンバー

[その18]情熱が世の中をおもしろくする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕の部下に田中宏和という名の男がいた。彼は自分の名前が平凡でつまらないと思っていた。
そしてある時、日本にどれくらい田中宏和がいるのか気になり出し探してみることにしたそれが「田中宏和運動」の始まりである。

日本のあちこちから個性も職業も違う田中宏和が集まってきた。
田中宏和同士で初対面の時には、お互いに田中宏和の名刺を出しあう。
「田中宏和さん!」と呼ぶと全員が振り返る不思議な会である。

田中宏和はそこで立ち止ることなく、田中宏和だけでCDを作ることを思い立つ。
作詞・作曲・演奏・歌手・ミキシングまでのすべてが田中宏和という不思議なCDである。
最初のうちは誰もがバカバカしいと思っていた。しかし、それが大きな運動になり、テレビのバラエティ-番組やニュース、そして新聞や雑誌などに取り上げられようになると「凄い凄い!」とみんなが褒めるようになった。そして彼はいま、世界で一番たくさんの同姓同名を集めた人としてギネスブックの候補になっている。彼ならばきっと実現させるだろう。田中宏和運動の展開を見ながら、どんな小さなことでも情熱を持って育てて行くと大きなものになるのだなぁと目から鱗だった。

世の中の多くの成功は人の情熱が生み出したものだ。
誰かがあきらめずにこだわってこだわって頑張ったから成功があるのだ。
初めてのこと、見たことのないことは最初は否定的なことばかり言われる。
ヴァージンアトランティク航空の創始者のリチャード・ブランソンも「何かをはじめる時、"そんなことはうまく行かない""そんなアイデアは以前にもあった"などと言う人が必ずいるが、そんな意見はすべて無視してしまおう」と言っている。

ありえないことに挑戦するからおもしろいのだ。ありえないことが実現した時に、それは革新と呼ばれる。世の中で話題になった出来事の向こう側には、必ず誰かの物凄い情熱がある。僕は、それを田中宏和に教えられた。

情熱は人生も仕事も
おもしろくするための
エンジンだ!

ページのTOPへ